ポイントを押さえれば名刺作成はより効果の高い仕上がりになります

Business card

名渡される立場から発想する名詞づくり

名刺を作成しようと思い立ったとき、多くの人は渡す立場で考えます。これは、当然といえば当選の発想ですが、視点を変えて渡される立場になって考えることが必要です。名刺といえば、その人の「顔」のようなもの。まず、印象に残らなければビジネス的なチャンスは限られてしまいます。たとえば、外回りの営業マンともなれば1日数十枚の名刺を受け取ることなどざらです。名刺ホルダーいっぱいの状態の中から、どうやってあなたの名刺が自己主張できるのか、そして探し出してもらえるのか、実は名刺を作成する際のポイントは、そこです。
といって版形を変えてしまうのは考えものです。ホルダーやケースに収まらなかったり埋没してしまったりでは意味がありません。そこで、目立つ方法のアイディアを教えます。例えとして、「素材にこだわってみる」「普通の用紙ではなく厚トレや和紙を使う」があります。新素材などなら、名刺を渡す際のちょっとした小ネタにもなるでしょう。デザインも重要です。通常の定番デザインではなく、趣向を凝らして意外性を狙うのも目立つための一手段です。
「洋書書店で海外企業の名刺デザインサンプル集を見てみる」、「あるいはネットで探してみる」、など行うと思わぬ発見があるものです。ただ名刺作成で気をつけたいのは、身分相応の名刺であることです。目立ちたいからと会社役員風の箔押しや空押し、手書き風書体を使ったりすると、悪い意味で印象に残ってしまうこともあるので注意しましょう。

名刺作成はインパクトが重要

名刺は、インパクトのあるデザインを作成しましょう。普通すぎるデザインでは、顔と名前が一致せずに覚えてもらえません。ユーモラスな名刺で「ちょっと変わった名刺をくれた人」と印象づけましょう。ラメを入れた派手なデザイン、光る名刺もおもしろいですが、子どもすぎるのはNGです。
ナチュラルな木材を使った名刺、アロマオイルが漂う香りつきの名刺はリラクゼーションパワーを得られると好評です。受けとる人も喜ぶことでしょう。ただ、香りは人によって好みがあり、特にクセのある香りはむずかしいと言われています。自分が良いと思っていても、敬遠されることがあるので注意が必要です。また、名刺ケースに入れるとほかの名刺に香りが移ってしまうおそれもあるので気をつけましょう。昔から親しまれている、万人受けする香りがベストです。
作成業者は、業績があるところを選びましょう。長く経営しているのはそれだけたくさんの制作を手がけていて、信頼度が高い証です。新しい業者が良くないというわけではありませんが、できるだけ経営歴の長い業者を選択しましょう。スタッフの対応力もチェックしておきましょう。分からないことに対して丁寧に対応してくれる作成業者は優良である可能性大です。

会社員が名刺を作成する時の注意点

企業の所属して働いている人は取引先と初めて対面する時などに名刺を渡す必要が出てくるので作成する事になりますが、注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。注意点を把握しないまま名刺を作成してしまうと実際に渡した後に問題が生じてしまう可能性もあります。そこで会社員が名刺を作成する時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。
【氏名や会社名などは必ず入れる】会社員が名刺を作成する時は実際に相手に渡す時に自分の事を知ってもらう必要があるので名前や会社名などは必ず入れる必要があります。また部署名や連絡先も出来るだけ入れた方がいいです。名前や会社名など相手に伝えなければいけない情報なので必ず入れるようにしましょう。
【SNSのアカウントは必要に応じて入れる】スマホの普及によってSNSを活用してビジネスをする機会が増えてきましたが、名刺を作成する時にSNSのアカウントを入れるのは少し考えた方がいいです。名刺は初対面の人に渡す事が多いので安易にSNSのアカウントを入れてしまうと悪用されてしまう可能性もあります。会社員が名刺を作成する時にSNSのアカウントは必要に応じて入れるようにしたほうがいいです。

名刺を作る時に注意すること

今ビジネスマンの間で自分のオリジナル名刺を自分の手で作成することが当たり前になってきています。ビジネスマンの必須アイテムとして名刺と言うものがあり、それはビジネスマンの顔であり情報が全て掲載されているアイテムなのです。ですが相手にその名刺をどうやって覚えてもらうのかどのビジネスマンも名刺を作るとき様々な工夫を行っているのです。名刺を自分で作成するときにどのようなことに注意をしなくては…

印象に残る名刺作成のポイント

社会人ともなると大勢の人たちがビジネスの道具として名刺を持っていることでしょうが、仕事に用いられる名刺は無機質なものが多く名刺交換した人に自分を印象付けることはなかなか難しいものです。そのため、社会人の中にはビジネスの道具としての名刺ではない、より自分を印象付けやすいオリジナルの名刺作成をしてみようと思っている方もいるのではないでしょうか。ビジネスの道具としてではなく、プライベートで…

会員登録をしてから名刺作成を依頼する

なるべく会員登録をしてから名刺作成をしてもらうと良いでしょう。必ず行った方が良いと言う訳ではありませんが、会員登録をする事によって、名刺作成をよりお得に行う事ができます。名刺作成はそれほどお金をかけないで行える物ですが、それでもなるべくお得に行ってもらいたいと考えている人もたくさんいます。会員登録を行う事によって、名刺作成を依頼する際に使う事ができるクーポンなどを発行してもらえます。1割でも…

名刺はフォントで印象が変わる

名刺作成にとってポイントなのは、フォントです。名刺で使うフォントによって、読みやすさが変わったり、名刺自体の印象がガラリと変わります。名刺作成でよく使われるフォントは、明朝体とゴシック体、丸ゴシック体です。明朝体のポイントとしては、一字一字丁寧なのが特徴で、老若男女問わず誰もが親しむことができる点です。学術機関や製薬会社等、幅広い世代の方に名刺を渡す方、特にご年配の方に名刺を渡すとい…

ニュース

2017年10月13日
名刺はフォントで印象が変わるを更新しました。
2017年10月13日
会員登録をしてから名刺作成を依頼するを更新しました。
2017年10月13日
印象に残る名刺作成のポイントを更新しました。
2017年10月13日
名刺を作る時に注意することを更新しました。
TOP